読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショカン的空間

フィット感はいかに

 

『うさぎのみみはなぜながい』

 あるとき、ウサギは山の神様に、自分はちっぽけでいじめられてばかりいるので体を大きくしてほしいと頼んだ。神様が、トラとワニとサルを殺し、その皮を持ってくれば願いをかなえてやろうと答えたので、ウサギは知恵を絞って3匹を殺し、神様のところへ持っていった。けれども神様は、知恵のあるものに力を与えれば恐ろしいことになると言って、ウサギの耳だけを長くしてやった、というメキシコの昔話。

長くメキシコに住んだ日本人作家による絵  ■福音館書店 ■1962年

 

 

かえりがけに ぱらっと

 

 

シカ 麻酔は まあまあ効いたようで   半寝のときもあり

 

なんでも 根がふたつにわかれている とのことで はじめて聞きましたが

  両者 小笑いでしたが

そんなことで また 来週 そのような なにかを

 

歯周病の進行度の検査」のあたりに

…プローブを歯周ポケットに縦に挿入してその深さを測りますが、根分岐部病変では、歯の根の股の部分に水平に挿入してどの程度の深さがあるかを測定します。…

 そのような表現も

 

 

台上で うつらうつら 耳にはいっていた 

ヒフエンピツ 乾いているときは黒 濡れると緑 発色  

  12本発注?使い切れない ・・エンピツとして使えば? ・・・・ ? などと

 

 

三菱鉛筆

 「DERMATOGRAPH」の語源はギリシャ語です。「dermato」は「皮膚」、「graph」は「書く、記録する」ということ意味を表しています。
つまり「皮膚に書けるもの」という意味で、もともとは、皮膚に書く目的で開発され、医者が手術で切開する場所にマークするなどに使用されていたと思われます。現在発売している商品は、皮膚への筆記用ではありません。
三菱鉛筆では、昭和30年から製造しています。最初は木軸で、色は赤・青・黒・黄の4色でした。
昭和33年頃には、軸を削らなくても済むように紙巻になり、現在は12色発売しています。
紙はもちろんのこと、ガラスや金属、フィルムにも書くことができます。
※「DERMATOGRAPH/ダーマトグラフ」は、三菱鉛筆登録商標です。

 

 

wikipedia

 ダーマトグラフ(デルマトグラフとも)(Dermatograph) 

ダーマトグラフ」は三菱鉛筆登録商標で、一般にはグリースペンシルとも言われる。

芯にワックスを多く含んだ色鉛筆。

特徴として、

  • ガラスや陶器など通常の筆記用具では書くことが困難なものにも使用することができる。
  • 芯が柔らかいので、傷つきやすいものに筆記しても痛めない。
  • 表面がつるつるしたものへの筆記は、布等で拭き取れば容易に抹消が可能。

などがあげられる。

元々は手術の際に皮膚に直接書き込むために用いられたので、この名称がある。他にも、写真フィルムに傷を付けづらいため、フィルムスリーブやコンタクトシートなどへ書き込む際に用いられている。また、アナログ音声が記録されたオープンリールテープが一般的だった頃は、手切り編集する際に、テープへ切断位置の目印を記入するために使用されていて、放送業界では「デルマ」と呼ばれている。

軸先の紙を、皮のようにめくることで新しい芯先を出す構造となっているのが一般的である。木軸を使わない理由は、芯にワックスが多く含まれているため、温度変化などにより芯が縮むことがあり、軸から芯が抜け落ちることを防ぐ意味合いもある。……

 

 

「表現」ガタ と 「遺伝子」

 

 「ゲノム」と「表現型」

 

ゲノムは話の始まりではなく それ自身 選び出される対象

nikkei-science.com/page/magazine/0402/genome_2.html

 

ヒトを含めたさまざまな生物のゲノムが解読され

生物学者は「進化」という現象において 表現型と遺伝子の関係を考えはじめた

ゲノムを「青写真」あるいは「設計図」と考え,表現型をその結果として見るならば,この「関係」はともすると数学の「関数」に似たものとして捉えられる。

個々の遺伝子は一種の変数で,発生という論理的な仕組み(関数)を経た結果として与えられる「値」が表現型ということになる。

「きわめて機械論的・決定論的な話」

「表現型が環境との相互作用を通じて淘汰され,結果としてそれが再び特定のゲノムを選別してゆくという点」

 

(例えば)トリの1個体を受精卵までさかのぼりながら

その発生過程を追い 翼をもたらす形態発生機構を調べ

ゲノムに書き込まれているはずの「翼の形態形成プログラム」を追究することは可能

大昔にいたトリの祖先のゲノムにどのような改変が加えられたか

つまり「翼を機能的なものにするために,ゲノムがどのような経緯でシェイプアップされてきたのか」

そして「その淘汰プロセスを突き動かす仕組み」

 

自然淘汰が働くのは 個々の遺伝子ではなく 形態などの表現型

表現型を介して選び出された遺伝子のセットの内容

(祖先の形態発生プログラムを変更させてきた)  

 

ゲノムを「青写真」として見るやり方 は

とりあえずその履歴を問わず 最初からその機能を見すえることによって成立

表現型の多様さ

いったい我々は「何をどのように見つめてゆけばよいのだろう」

 生き物の形はどのように決まったのか 倉谷滋(理化学研究所

日経サイエンス  2004年2月号 短期集中連載:ゲノムが語る進化の謎(2)

 

 

『生物のなかの時間』P175 より

…変異のきわめて少ないところがあれば、そここそが絶対に変えたくないところ…

人間が必死になって固定してきた形質を表す遺伝子のありかに違いない、といった感じで祖先となった系統を探っていく。 倉谷滋

 

過去に起こった変化を「ちゃんと読み出せるかどうか」

 

隕石衝突による恐竜絶滅とか、カンブリア紀の生物爆発とか、化石を見てワーワーいうやないですか。そんなことがゲノムにどういう形で残っているかっていう話。西川伸一

「そういう形跡を見つけるのは非常に難しい」倉谷

 

 

ウォルター・アルバレス Walter Alvarez 1940年10月3日 アメリカ合衆国の地質学者

カリフォルニア大学バークレー校/地球および惑星科学の教授

父親は、ノーベル物理学賞を受賞したルイス・ウォルター・アルヴァレズ。

父親とともにK-T境界におけるイリジウムの過剰濃集の発見と、隕石の衝突による大量絶滅のシナリオを発表したことで知られる。 wikipedia

 

 K-T境界 イリジウム  drkusaichiscience.blog123.fc2.com/blog-category-39.html

1977年 ウォルター・アルヴァレスがボッタチオン峡谷のK-T境界層で高濃度のイリジウム を発見したことに端を発し

1980年に発表され 1989年ユカタン半島で直径200kmの Chicxulub crater が発見され

予測規模と一致したこともあり“定説”となる

1983年キラウェア火山から噴出するエアロゾルを分析し 地殻濃度の10万倍ものイリジウムを発見

マントル深層から直接噴きあげるマグマはイリジウムの濃度が高いことが裏付けられた

K-T境界を挟み上下に2層、合計5層にも存在していることが確認され

隕石衝突の時期はK-T境界より30万年早かったことが判明し時間的ズレがある…

 

 wikipedia より

K-Pg境界 Cretaceous-Paleogene boundary

白亜紀新生代第三紀の境目に位置

白亜紀は英語では Cretaceous 頭文字がCで始まる地質年代区分が多いため

ドイツ語の Kreide からとった頭文字Kが略号として用いられため

かつては英語で第三紀を意味する Tertiary の頭文字Tとを組み合わせてK-T境界としていたが

現在では第三紀の語は正式な用語として使われておらず 古第三紀(Paleogene)との境界であることからK-Pg境界 またはK-P境界と呼ばれる …

 

 

3.10 exciteサーバーに送付した分

イチョウ 奇跡の2億年史』

(21世紀に)生物多様性の管理をどうするかを模索してたどり着いた場所は 明らかに病んでいる

自然界と人道問題について考えはじめた道のどこかで おかしなことになってしまった

リオから20年が経った現在、多様性保全条約(CBD)は国内と国際間の優先順位のはざまで立場を定められずに苦しんでいる。 329

 

 

どこかに載せたような 2.5 7:03メモ (再送付は3.10)

遺伝学が確立するのは20世紀初期
植物の性についての研究は
それを待たずにつぎの段階に進んだ

グレゴール・メンデルによるエンドウマメ実験の再発見がきっかけ
さらに 1890年代のオランダ人科学者ユーゴー・ド・フリースによる研究

「雄らしさ」や「雌らしさ」の形質は「粒子性のもの」による と
それ以前は 遺伝は何らかの「混ざり合い」で生じると思われていた

ダーウィンの『種の起源』刊行から30年後

「粒子性のもの」は目で見て確認できるものではなく 推測であるが
ド・フリースは それを「パンゲネ(パンジーン)」と呼んだ

それはいま 私たちが遺伝子と呼んでいるもの

1902年 テオドール・ボヴェリとウォルター・サットンが別々に打ち立てた
粒子性の遺伝的要素は染色体にあるという説はのちに
ニューヨーク コロンビア大学のトマス・モーガン率いるチームにより実証された

彼らがよりどころとしたのは
1905年にネティー・スティーブンスとエドムンド・ビーチャー・ウィルソンが
ゴミムシダマシのような昆虫の 雄と雌の細胞にある染色体が異なることを発見した研究


このときはじめて、生き物の見た目の相違と、染色体の見た目の相違とが関連づけられた。ジャカンが接ぎ木したイチョウについても説明が可能になった。接ぎ木した枝の細胞にある染色体には「雌らしさ」の遺伝物質が含まれており、それ以外の木の細胞にある染色体には「雄らしさ」の遺伝物質が含まれているのだ、と。 88

ネティー・スティーブンスは、ゴミムシダマシの雌の幼虫には大きな染色体が20対あるのに、雄の幼虫には同じ長さの染色体は19対すかなく、残りの一対の染色体は片方が短いことを見出だした。彼女は不揃いなペアになっている染色体の短いほうをY染色体、長いほうをX染色体と名づけた。彼女とエドムンド・ビーチャー・ウィルソンは、XY型は雄に、XX型は雌になることを確認した。私たちは現在、ヒトでも同じメカニズムが作用していることを知っている。

メンデルの法則の再発見、染色体の重要性の認識、性染色体の発見、そしてショウジョウバエを使ったモーガンの研究。

これらはすべて、イチョウへの関心の高まりとほぼ同時期に出てきたものだ。

イチョウは染色体を調べられた初の植物群の一つとなり、いまではイチョウの全細胞に12対、24本の染色体があるという事実が周知されている。24本の染色体のうち12本は花粉粒の中で発生した精子細胞から来たもの、残りの12本は胚珠の中で発生した卵細胞由来のものである。

過去数十年 どれだけ観察を重ねても イチョウのX染色体とY染色体と思われるものに明らかな違いは見られず

また ほかの植物で性を決めるとされている いわゆるサテライトDNA断片がイチョウのX染色体とY染色体にも付随しているにもかかわらず
イチョウではこれらのDNA断片に一貫性がなく 成木の性の決定要素になっている可能性は低いこともわかった 89

イチョウの性別はどうやら一般的な動物ほど強く固定されるものではなさそうで
木の一生においてすら性別は一定しないのではないかと考えさせるような形跡がある 90

※ 似たような例として、ある種の動物では胚の発生後の環境要因で性が決まる。たとえば、トカゲやカメの多くは胚発生中の特定時期に高温にさらされると雌になりがちだが、ワニでは雄になりがちだという。

イチョウ 奇跡の2億年史』2014/ピーター・クレイン/矢野真千子 訳

 

その 近く

イチョウには、そんなほかの選択肢がない」
イチョウは遺伝子の多様性を促す方式をもっているように見える」

けれど

進化による変化がほとんどない、いわゆる「進化の停滞」生物でもある。長大な地質学的時間を生き延びてきながら、ほぼ同じ状態にとどまっているのだ。 86


 

“3D映像” のような 

 

アレクサンドル・コンスタンチノーヴィチ・ペトロフ

Александр Константинович Петров, Aleksandr Konstantinovich Petrov

(または Alexander、Alexandre , 1957年7月17日 - )

ロシアのアニメーション作家。ヤロスラヴリ州プレチストエ村生まれ。

アニメーション作家であるユーリ・ノルシュテインに師事。

 

ガラスペインティング(ガラス板に油絵具を指でつけ描く)という技法

 

Alexander Petrov's animation

The Old Man And The Sea part 1

 

 

 

Karel Zeman ANIMATORS 1

…『悪魔の発明』を見るとき、いつも僕は“絵画を感じてしまう…

…僕にとって『悪魔の発明』は絵画的な映画ではなく“映像という画材で描かれた絵画作品”…

黒坂 圭太

“絵画的”ではなく絵画そのものを鑑賞している気分になるのだ。絵画的なアニメといえば即座に『老人と海』で知られるロシアのアレクサンドル・ペトロフの諸作品が思い浮かぶ人も多いだろう。ペトロフの場合、確かに手法的にはガラス板に油絵具で透過光で撮ったものだし、その画風も19世紀ロシアの巨匠レーピンを想起させる伝統的な写実主義絵画そのものだ。しかし結果として生まれるアニメ作品は演出的にも(むしろハリウッド的な)実写映画に近い印象を受ける。その空間は徹底的に“3D映像”なのだ。一方、ゼマンの場合は、生身の俳優に演じさせ、実写素材を多用しているにもかかわらず、現れる視覚空間は“2D(=平面)”なのである。各カットにおいても、衝突と融合をくり返しながら映像の流れを作っていくモンタージュ機能は希薄で、むしろ画家ゼマンの個展会場で膨大な連作シリーズの版画作品群と対峙している気分になる。カレル・ゼマン』P96

 

 

 

きのう アート 美術系のおとなりさんたちに 話を なげていただいて

(それ用の消しゴム?でつくる)できたての猫ハンコや (銅)版画で表現する鳥の毛並み とか

リラックスしてか 耳が見えないウサギの画像を見せてもらい 前から写すと三角におさまる構造 だったり

 

Isaac

 

昨夜 何かをひっくりかえしたかのような ひっくりかえるほどの 階下の アレは

騒ぎっぷりは ゲーム大会様 で 話し声が聞き取れるかのような また 大げさな笑い声 など

横になって 耳に音を流しましたら 場が・・・・そのうち寝てしまったらしい

 

Silence, Night & Dreams

 

(当時の)名前 文字を入れますと Jamie Isaac と出ます

 

Jamie Isaac, born July 2, 1994, is a London-based singer and producer, born and raised in Croydon. Signed to House Anxiety / Marathon Artists, Jamie's debut EP, I Will Be Cold Soon, attracted attention for its near-choral incantations, minimalist jazz tones and post-rock layering. Jamie has been praised for utilising the power of silence with experimental and enveloping swaggering beats and his self-aware lyrics. His second EP, Blue Break, gained recognition for its soulful, piano-led sound. Featuring Jamie in The Guardian's New Music, Michael Cragg praised "Blue Break" for "favouring space and atmosphere over production histrionics".In the run up to the release of his forthcoming debut album (out via House Anxiety / Marathon Artists), Isaac presented the 'Loose Grip' Mixtape, a series of remixes of tracks taken from the album featuring collaborations with Rejjie Snow, King Krule under the moniker Edgar The Beatmaker, Jesse James, Jadasea, Black Mack, and Mr Malarky. …

1994年7月2日 (22歳) 生まれ: イギリス クロイドン レーベル: Marathon Artists アルバム: Couch Baby、 Loose Grip Mixtape、 Blue Break、 I Will Be Cold Soon

 

Jamie Isaac - Softly Draining Seas [Official Video]

 

 

 

Official video for Jamie Isaac's 'She Dried'.

とか 聴いてみました    瞳 表情に注視してしまったりも

広告を非表示にする

また ミスを

f:id:kaon-yokegawa:20170323081457j:plain  左に倒して送ってみました

 

すみません‥

 

夏蜜柑に ついているのは hayata

o ではなく a でした.

 

 

weblio.jp/content/Citrus+natsudaidai+Hayata

ナツミカン
科名 ミカン科
別名: ナツカン・ナツダイダイ
生薬名: ナツカワ夏皮
漢字表記 夏蜜柑
原産 日本
用途 漂着した種子をまいて植えたのが栽培始まりとされます。生食するほか、皮は乾燥して夏皮とし、芳香健胃薬に用い、また浴湯料としても利用されています。
学名: Citrus natsudaidai Hayata
   

 

 

 

ナツミカン(Citrus natsudaidai Hayata)に含まれる発がん予防物質

isoprenyloxylated coumarin類とpsoralen類

 

 

室内用サンダル持ちこみ

広告を非表示にする

テイセイ 変更

 

きのう(21) 傘をさして かなりゆっくり散歩しましたときに気づいたのですが

木の葉が落ちた後 表示板が出てきたのでしょうか?

以前は(視え)無かったものをみまして

 

下のページのタイトルを消去し別のものに変更 内容の一部も変えまして

 学名入れ替えは ケイロ - 水 でもおこないました

 

 

f:id:kaon-yokegawa:20161209083253j:plain

 

 画像下あたり

(ナツミカン)学名:Citrus natsudaidai hayata なら・・ 検索可

 

カワノナツダイダイ川野夏橙)ですか

夏蜜柑に比べて 減酸が早く糖度が高い

ミカン科ミカン属柑橘類の一つ。1935年(昭和10年)大分県津久見市の果樹園で川野豊によって選抜・育成された、ナツミカン枝変わり種である。 Wiki

 

wikipedia 

夏蜜柑  別名:ナツカン(夏柑)、ナツダイダイ(夏橙)

江戸時代中期、黒潮に乗って南方から、山口県長門市仙崎大日比(青海島)に漂着した文旦系の柑橘の種を地元に住む西本於長が播き育てたのが起源とされる。この原木は現存(ただし原木部分は根のみで、上部は接ぎ木されたもの)し、史跡及び天然記念物に指定されている。

山口県、特に萩市で多く栽培されている。明治期には萩藩において、職を失った武士への救済措置として夏みかんの栽培が奨励されており、当時植えられた夏蜜柑の木が今も萩市内に多く残る。

 

3.22

平安・鎌倉時代歌人藤原定家(1162~1241年)が日記「明月記」に書き残した「赤気(せっき)」という現象は、太陽の異常な活発化によって京都の夜空に連続して現れたオーロラだった可能性が高いと、国立極地研究所国文学研究資料館などのチームが米地球物理学連合の学術誌に発表した。連続したオーロラの観測記録としては国内最古という。

明月記には、1204年2~3月にかけて、京都の北から北東の夜空に赤気が連続して現れ…  

 mainichi.jp/articles/20170322/k00/00e/040/274000c

 

 

(その木の)右に 背丈数十センチの・・テイカカズラ 

木に絡みついて覆っていたのがソレなのかは なんともいえませんが 

ちがうような   また別のなにか かも   わかりませんが

  

定家葛 Trachelospermum asiaticum

キョウチクトウ科テイカカズラ属 有毒植物

和名は…(略)…死後も……ついに定家葛に生まれ変わって……からみついたという「伝説」(能『定家』)に基づく

.

形態・生態

茎からは気根を出して他のものに固着する

茎の表面には多数の気根が出た跡が残り 樹皮には多数の突起がある

大きくなると枝先は高木層の樹冠に達し 幹は直径数cmに達する…………

果実は細長い袋果で 2個が対になってぶら下がり 種子にはとても長く白い綿毛があり 風で飛ぶ など

....

どちらが先か?

「植物」の形態か ヒトのつくる「伝説」か

 

 

そういった感想などは 変わるものではなく また

その苗字に対しても 誰かが何かを仕込みそうかな などと 思われ

 

苗字が同じでも そうでなくても

「四兄弟は737年天然痘の流行により相次いで病死」というあたりも

 

 

虚実  事実

 

 

 虚実とは

八綱弁証において疾病の過程における邪気と正気の闘争の現れで、正邪の盛衰(病勢)に基づいて虚実という異なった病態が現れる。体質とも一定の関係がある。

 Wikipedia

 

 

 

きょうは ひふが さらに というなか   それらは メッセージとは うけとれず

 

あらためまして また ・・・・  かわっていないのは  

  くりかえしになりますが 全面否定とはあれで  可能な方法などをもとめての それら

 

ヒト類のヨクボウなど そのジリツ ジセイということ に ツきるのでは

 

 

 

 

夕方 もともとは黒いカラーデニム?色あせて グレー スリット70年代風の長めのスソの処理

  かんたんにおこなうも スリットはショウカできず まだあり ウエストにはテイストの違うボタンつけ

  知られている米ブランド 数字のついた  朝はいたときに 左ポケットのリベットが落ち

  もらってもはけなかったモノ・・スリム タイトをめざさずとも いろいろ発掘しているうちに 

ジワジワ そのように

 

夜 とてもうるさくて  

  行き場のない感情などをこめたかのように 紙の物質を激しく落としている方

  戸を閉めてからは なにやらすごい音もしていた  (「苦情が・・」と声を)

 

  2%くらい 通じたのかもしれず?

 

(~23)

広告を非表示にする

ソクリョウ けい い

それをおこなうにあたり 何かが無かった らしい

  「それ」を ペーストしようとした のは 12:45頃ですが 

  「記事を書く」ボタンを押すと 小刻みに 上下にふるえたのち 黒く 暗くなったので

  閉じて 起動しまして 記入を と・・

 

急に 音などが ものすごく 喧しく なった ような  ドカンドカン ドスドス ガアガアと

  なんか。。階上かどこかで(改装)工事 ということか   それにしても

  (皮ふのほうも  それでなくても サイキン   なんといいま・・  アレで)(ヨルも さほど。)

 

どうであれ   あらためて こころみ を   

  前後も含めたほうがいい ということかもしれませんし

 

クロノメーター Chronometer    wiki より

  • 船の揺れや温度変化に影響されない、高精度な携帯用ぜんまい時計。
  • デテント式脱進機を装備した時計。
  • 天文台で精度検定を受けた時計。
  • クロノメーター検定協会による検定に合格した機械式時計。

名称はギリシア神話の時間神クロノスに由来する。クロノグラフとは名称が似ているが別物である。

 

 

 

木星の観測を熱心におこなったのは、経度の測定のため」だったらしいです

天文観測は伊能測量の表看板であった。地上の測量結果を天測によって補正すればよいことは、忠敬より100年前の建部賢弘たけべかたひろが唱えているが、実際におこなったのは伊能隊がはじめてである。忠敬も意識して天文測量とよんでいる。肩書きも公儀天文方を称している。 102

 

文化2年

四月二二日(五月二〇日)、伊能隊は伊勢の山田に着いた。伊勢神宮門前町で、山田町と宇治宿に分かれていた。四月二二日夜は、木星の小衛星の凌犯、すなわち木星に四つある衛星の一つが木星と重なる現象を観測した。市野、平山が深夜から観測をはじめて夜明けになったという。伊勢に八泊した。もちろん内宮、外宮に参拝する。 101

 

「つぎからつぎへとあらわれる星を観測」するのは

「なかなか忙しい仕事だった」  屋外  目盛りを読む明かり 

 

  忠敬が測った恒星は、中国名なのでわかりにくいが、いまの名称でいうと、北極星はもちろん、小熊座、カシオペア座、獅子座などだれでも見られるふつうの星で、一晩に数十個測られた。数十個も測らなくてもと思うのだが、そこが徹底しなければ済まない伊能測量の特徴である。

  据えつけのときは、望遠鏡も南北を正しく合わせ、上下はキチンと垂直でなければならない。設置作業はけっこうたいへんだった。鍬とか、突き堅め用具、モッコに入れた土などを用意させている。

  これだけの努力をして測定されているので、伊能図の緯度は確かである。しかしながら経度については、クロノメータ(経線儀)がなかったので不正確である。北海道・東北と九州南部は東偏している。 104

 

木星の観測は頻度が少ない)(天候が悪いと同時観測は成立しない) 104

(精度的に使えるのは二ヵ所しかなかった)経度は観察できなかったといってよい 105

 

  不成功だったが、経度観測の作業はたいへんだった。垂揺球儀には、振り子が一往復するごとに一刻みすすむ文字盤があり、100万回までを表示できた。一日に約5万9000回振動する。数日前から子午線儀や象限儀を設け、垂揺球儀を動かして太陽の正中時刻を起点として、翌日の正中までの時間を垂揺球儀の目盛りで測って一太陽日の長さを知る。直前の太陽正中時間から日月食のはじまる時刻、終了時刻を垂揺球儀の目盛りで測って、江戸、大坂の同時観測数値と対比しようとした。測食定分儀は日・月食観測のとき望遠鏡の先につけられた。食のすすみ具合がわかるよう目盛りがある。

  非常な努力がなされたが、伊能図の経度は天体観測による補正ができなかったので、道線法(測ろうとする経路の距離と屈折角を測りながら進む測量法)、交会法(目標の位置を確定するため二点から方位を測る方法。逆に目標の位置が確定していれば道線法で測った場所から方位もチェックすることで、精度を確認できる)の精度の範囲を越えることはできなかった。 105

 

【尾鷲付近の難所を測量、心得触れに忠敬怒る】 105~

心得触れ…いまの言葉でいえば「対応マニュアル」 106

たぶん、忠敬は二四日に心得触れのことを聞いて全面否定したのだろう。 107

伊能忠敬の歩いた日本』1999 渡辺一郎

 

 

 

広告を非表示にする