ショカン的空間

“免疫”活性 ■□

タイトルを入れない場合 ■が入る様子


CpGアイランド
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/CpG_%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

DNAメチル化
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/DNA%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%AB%E5%8C%96


今朝 紙出しをしようとして
いっとき‥と思い 持ち出す

…メチル化されていないCG配列により
自然免疫は刺激され活動を始める…
…メチル化されたCG配列なら
自然免疫は静観を決め込む…

DNAが免疫の働きを強めるか否かは
CG配列だけで決まるのではなく
メチル化の有無によって左右されていた
‥らしい 面において

(植物の)
CG配列に自然免疫が反応しなかったのは
配列にメチル基が標識のようにくっついて
識別していたから という点では

ご飯を食べるたびに
「免疫反応の一種の炎症が起」きていたことに


※ 早い時期からメチル化に注目 研究され
誤認 メチル化原因説を放棄しかかり
あらためて 「C」を(「多数」)使い ※

「実験」という経過を辿られている方も?


横にも 前後 上下にも見えませんが

タンタン

(17に)ひさびさ麻の図書館を覗くと
“夏” 特集コーナーに『ジュニアそれいゆ 22』が
わかりやすい位置 目線に 置かれていて

状態がとてもいいため 復刻版かと思えば
そうでもなさそうで? あれは‥どうでしたっけ

ひとむかし前に検索したときには
東京都立中央図書館にあることがわかりましたが

当時は なぜか そこまでは ふみこまず

‥パラパラしてみました(17の朝)
モデル「女優」達  連想した漢字二文字

は muonの
https://katation.exblog.jp/25849809/ にも

  🏞

  ながれだし ひろがり

  🎶

…由緒正しい名門貴族へアフォード伯爵家では、跡継ぎを残さないまま当主が亡くなり、… Wikipedia

  🎩

  (再)メモなど

劇場 東京での本拠地 略称は「東宝
有楽町 宝塚 天海 (手塚治虫記念館)
すみれの花咲く頃
「リラ(またはライラック、ニワトコ)の花咲く頃」

そういった「あらすじ」や名称などと セット記憶

その駅まではと なぜか向かって
車中からみたのは 家々の屋根を塞いでいた
ブルーシート   半年後だったのでは

  🌁

地名などでも つながりがあるかもですが

(「現実」と)「劇中劇」の区別(が 付かない)
(「槍」を持って「風車」に ) とか
「劇中劇」中の劇 さらに など

実は この頁の内容も勿論なんですが
(道をつけていただき 来週 「健康」測定)
(いくつかの検査は異常な苦痛をもたらした)
ちょっと ふりかえるだけで 大きな痛み等が
とりわけ ここ1週間くらい

以前のそれらとは質や量が異なり また
当事者に戻る(返却)という意識もあり
(その状態での書き込みで)
(本当 本心 本気でした)
(が そんなバランス)

  普通の日常的何かをしているときや
  歩いていたり 休んだり
  というときには さほど無いという

処理などに できるだけ専念したい
そのような気になっております

淡淡

  🍷

ランス

  🍾

G.H.マム
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/G.H.%E3%83%9E%E3%83%A0

メゾンの歴史
https://www.mumm.com/en/maison-mumm/history

ceo
www.pernod-ricard-japan.com/sp/news/champagne/20161206/1431/
https://www.terrada.co.jp/ja/article/usain-boltis-named-ceo-of-maison-mumm.html

(13昼 なにげにそこにあったどれか1グラス)

  🐪🐫🐪🐫🐪🐫🐪🐫🐪🐫

自然に 出てくるようになったのかしら

「史上」「発掘」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00183720-fullcount-base

そのような (希望)

澹澹

  🌫

お土産話とお菓子をいただきました
  「真珠末」(商品名)入りだそうで

…誰が代表者になるかは「くじ引き」で決められる仕組み…
当たった者は次回からくじを引く権利を失うため、 …いつかは当たるように配慮されていたよう…
お蔭参り/Wikipedia

くじの表記(Wikipedia
…漢字では 籤・鬮・孔子の字が当てられる…

  🎐

  先日 説明をもとめるために時間をさきました
  機関からの返信はございません

  🕊

「  」扱いをした方々へ

今まで あらゆる筋書きや可能性などについて
吟味してまいりました

確認のための情報 視界 他 を賜りましたこと
あつく お礼申し上げます

(「新た」「共存」可能と思えるような)
(「環境」などをまわりに手配いただき)

おかげさまで このような

めいめい

今までに読めるものは読んできたかと
(ヒダ説は詳しく存じません)
今日は 名が気になって

違和感ですね


やはり “鷹” がコピーし難い

1985年8月12日
山の名を全国的に有名にした 件
Wikipediaより

御巣鷹山に墜落」と伝えられていたが
実際に墜落した場所は「高天原山に属する尾根」

当時の上野村村長が
墜落地点は「御巣鷹の尾根」と命名

(別頁)
通称経緯
本通称は上野村村長・黒沢丈夫(元大日本帝国海軍少佐)によって、日本航空123便墜落事故直後に使用開始された。
墜落現場の詳細特定(および陸路に依る到達経路設定)が難航する中、上空からの報道映像を見た黒沢が、記憶に残る尾根形状から呼称を始めたものである。
黒沢は「御巣鷹の尾根」の名をもって、村下の消防団員に警察ほか、救助関係者への道案内(登山経路設定および先導) を命じた。…


なんだか‥

うきぼり


同時に 押しつけてこない人々が

存在しているということが 見えた

ここ数年


そこでも 共存できる数人がいて

(数か月 半年 遮断されてもいた という)

他面 多面 盛られたものごと


そこでのことだけではなく

今まで押し付けられてきた色色

  説明することが異常に困難でした


そこでは (「1年」)

行動 文字などにより 不当の可視化 他


置かれた状況を理解されるということが

どれくらいか増えて


横で見ていて 体験もして 会話も

状況を理解した方 ※

 

その方のことでもありますし

他でも申し送りなどを普通にされてきて

入ったところの人が なんだか?

と わかりやすかったようで


経過などの記述を おこなうというときに

(他に盛りつつ 安心のためのメモをする方

 複雑でマニュアルになり得ない 不安も同時)

(など)(ほか)

(例外もあることでしょう)

 

例えば 4人中3人が書き込むようになりますと

回避する人間

雑用 面倒 目立たないといったことでか

盛りたいからか (記入も)しない系

ある種の「当事者」性がうかびあがり

 

  (相手の話題に沿いますでしょう)

  一般的懐かしいものごとの中で

  個人的に凄いと思っている人は

  誰かの中には全く残っていない様子

  でも ふってくれるのは(私個人の)

「旧」のほうで‥

少なくなってゆくそれらだけに

それらでは 会話もちぐはぐ


※ 別件(彼女にとっての本筋か)では

納得済み といいますか もとめられて

自分に「盛る」たのしみがあるように

みえ

  彼女との会話には一切の嘘や悪意が

  ‥入りこむ余地が 互いに無いのでは

  敬意を持ち合い 益々その方向へ


  楽しそうに予定を語られて

  ほほえましくも感じられた 10

  彼女に「祝福」のような言葉を


(稀に旧「名称」)

(あとは 除いていただいて)

みなさまの「(旧)ジモトネタ」等は

ものすごい確率で合致傾向があり

みなさんで 練られていくのでは


穏便 と記入した気になり 一日経ちました


日々 (複数の方々と対面し)

いかに 音便にすませるか という日々

(で 正当性の主張をすることや生産性の向上等をもとめてゆくのは非常に大変なこと


こちらに非はないという「言挙げ」

  そんな「謝罪」でした

  そのときも 「音便」しあげ

  

「祝福」


それぞれが「つくられた」「要」所を

たのしみながら担っていかれる方々



いかなるスタンス(「宣言」)でも

人間による思考 嗜好 行いの顕現


それぞれのそれら

「応報」の類だけですよね


  「分離」自体

  「操作」自体の有無 そのバランス

  「印象」「操作」


提案されたのは 連なり だけではなく

絡みに絡んで 練られ 練り込み

帳面につけられ



  先月 先々月か 珍しい物を収集 販売する

  「お母さん」が 下のほうにみえ

  「帯締め」でしたが‥(検索)その方

天蚕も手懐けられていることを知り‥


苦手なものごとと どれくらいかでも

穏便に触れ合う努力は しておきたいもの


  …ようとする …れる と …になる

  それを …する(者たちもいる)

  当事者の感想は 色色でしょうけれど

なるほど そこには「法則」の顕現が‥



懐かしい画像 

http://ka-on.hateblo.jp/entry/2017/05/03/082527

(2017.5.3に眺めた)「衝撃波」

  そのときほどではございませんが

  かきこんでいます


そちらに 再び

ジョン・フォン・ノイマン”からのつながりで


朝 文字が そこに

→ パック → ビット → シャノン → クロード という

ほか

オートマン  形式言語の階層…

ジャービル・…


~12


まあ ときおりなのですが

数日前から13のことが うかんでいて

“ドアをたたいて”

‥さしあげる


“まだ眠い…” と返ってきても

 この一年 そのように


これからも


(“ベルベット・イースター”)

彼女は 昔 彼女のものには はらってきたようで

支払った物(だけ)は棄てられないのだそうです

ただで貰った膨大は 実体が無いようなんです


  夜型だから。。 とのこと


もうひとりの彼女は

しわ寄せの形をご存じで

急に 朝速くなる という経験も


  そのようなレベルの会話に

  参加したいですね


変化 あるいは そのままの結果

現在進行中の「今」があり


「謝罪」というだけでなく



かた

ある本を思いだし 開けてみると

鸚鵡小町 - Google 検索
‥という語が 出てまいりました


本のほうは 耳に入ってきた話とも
無関係とは思えないような(部分は 引用しません
が)
‥下の数行も同様 か

疑いも無しに 日常に取り入れてきて
(だから)副作用 影響が出にくかったのか
あるいは 出ていたのか


…折口は生家が生薬を商っていたので、薬についての知識があり、自己流に薬を調合して用いていた。手製の仁丹のような丸薬を常時携行していて人に与えたり、風邪薬なども自分の調合したのを親しい者に飲ませたりしていた。…
346-347『折口信夫とその古代学』西村亨

お薬好きな方々

“鸚鵡返し” は とまることなく